韓国ワンルームは短期でも契約できるのか【結論:できます】

スポンサーリンク
ワンルーム短期契約アイキャッチ 韓国

どこまでもアジアが大好き。アジアニスト、おのまり(@asianfoodnist)です。

 

短期でかりれるの?あるの?
保証金とか家賃ってどれくらいかな?
どうやって探す?契約できるかな?

 

こういった疑問に答えます。

 

私も韓国ソウルへ、短期留学に3ヶ月行っており、その間ワンルームに住んでました。
その体験もふまえ、短期の韓国ワンルーム事情をお伝えしていきます!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

韓国ワンルームは短期でも契約できるのか

 

結論:できます(私は3ヶ月間で契約しました)

 

韓国ワンルームとは

韓国で留学生が滞在する、お家のタイプは
主に
・ワンルーム👈(今回はココ)
・オフィステル
・コシテル、コシウォン
・下宿
・シェアハウスetc.
があります。

 

今回紹介する韓国ワンルームとは
、日本でいうアパートやマンションのことです。お部屋にシャワーや洗濯機、キッチンがあり、プライベートが保たれた空間です。同じワンルームのオフィステルとは違い、管理人さんやエレベーターのないところが多いです。

 

短期でも契約できる理由

実際に、私は3ヶ月という短期留学でしたが、韓国でワンルーム契約をしたました!

韓国に住んでいる日本人の知り合いに助けてもらいながら、韓国の不動産で契約しました。
・外国人登録書がないので、パスポートで契約出来る
・お金がないから、なるべく低保証金
・駅近で、人通りが多い
・江南エリア
を条件に探してもらっていました(かなり都合良すぎる条件ですが、なんでも希望は伝えた方が◎)。

 

結果、たった3ヶ月でしたが、ソウルで治安が良いと言われている江南で、条件を満たしたワンルームに住むことが出来ました!

 

ここまで聞いた方は「タイミングが良かっただけじゃない?」と思うかもしれません。

確かに引っ越しの多い時期(1,2月と7,8月)に、留学生が短期契約するのは難しいです。

しかし、その時期を除けば数は少ないですが、契約出来る物件はあります。知り合いに協力してもらう(情報源をたくさん持つ)こと、根気強く探すことを諦めなければ大丈夫です!

なので、繰り返しですが、韓国ワンルームは短期契約可能です。

 

韓国ワンルーム短期契約のメリットデメリット

☑︎メリット
・良い不動産にあたったら、綺麗な部屋を紹介してくれる
・低保証金にしてくれる可能性がある
・プライベートのある生活が送れる

☑︎デメリット
・情報源をたくさん持つ努力が必要
・長期に比べて、物件数が少ない
・外国人登録書や韓国口座がなくても、契約出来る物件を探さないといけない

 

韓国ワンルーム、短期契約5つのお金事情

ワンルームに住む際に必要なお金は、全部で5つあります。

①保証金

入居時に大家さんに預けるお金。退去時に、清掃費や修理費(何か破損させた場合)が引かれて、返金されます。

②家賃

チョンセ契約する時に、①の保証金をまとまって支払うことで、月々の家賃を払わなくて良いシステム。あらかじめ住む期間を大家さんと話し、退室時に全額返金してもらえます(契約期間中、大家さんがその保証金で運用するから)。最近は銀行の金利が下がっているので、ウォルセが多く、短期契約ではほぼ選択出来ません。

ウォルセ毎月家賃を支払うシステム。チョンセのようにまとまっていなくても、大丈夫です。
保証金の額が多いほど、毎月の家賃がおさえられます。今はほとんどが、このタイプですね。

③管理費

マンション管理費など日本にもありますが、韓国でも建物を維持する費用として、管理費を支払います。

 

④光熱費等

日本に比べて、光熱費や水道代は安いです!

 

⑤不動産への手数料

日本と同じく、紹介してもらうための手数料が必要です。

 

韓国ワンルームの保証金、あまりないけど大丈夫?

結論として、問題ありません。

 

なぜなら短期契約の場合、知り合いを頼って紹介してもらった韓国の不動産であれば、保証金が数ヶ月分の家賃ということが多いからです。
当時の私は、「韓国ワンルームって、保証金が高くて準備できないよね…」と思っていました。
韓国留学で渡韓した時は、ワンルームに住む予定はなかったので、お金もあまりない状況でした。しかし、事情があり留学生活がスタートしてすぐ、ワンルーム探しをすることに💦

その時の私は韓国語超初心者。でもお金がないからなるべく安く、女子1人でも安心できる場所に住みたい…と思っていました。

幸いにも友達の紹介で、韓国に住む日本人のお姉さんに出会うことができ、家探しから契約まですべて助けていただきました。

 

お姉さんのつてで、韓国の不動産が紹介してくださった家に決めたのですが、私が留学生で家探しに困っているという状況を伝えてくださり、3ヵ月でも安心できる場所に住ませてあげたいと一所懸命探してくださいました。結果、1ヶ月の家賃分だけという低保証金&立地に対してあまりにも安すぎる家賃(しかもwifiとテレビ込)で、江南という地域にワンルームをかりることができました。

 

韓国の不動産を知り合いのつてで紹介してもらえたら、とても安く韓国ワンルームを契約できる可能性が高いです!

 

ここまで読んだ方は、もしかすると「韓国に頼れる友達いなかったら、韓国の不動産なんていけない…」と思うかもです。

しかし、問題ありません。

韓国で友達を探そうとしなくても、日本にいる韓国に詳しい子に聞いてみる。Twitterで前もって交流の輪をもっておく。通っている語学堂の留学生支援センターに聞いてみる。
など、情報源はたくさんあるので問題ありません。

大切なことは、自分から情報を取りに行くこと。そして、その情報が本当に信用できるのか、きちんと自分で判断することです。

なので繰り返しですが、短期契約の場合、保証金はお金があまりなくても大丈夫です。

 

短期で借りれる韓国ワンルームの探し方

日本語可能な不動産

韓国にある、日本語可能な不動産。韓国語が不安な方や、ひとりで契約する際ににとても安心です。
☑️メリット
・韓国語が分からなくても、お家をかりることが出来る
・家具や布団購入の代行サービスがあったりする
・トラブルの際に相談できる、アフターサービスがある

☑️デメリット
・仲介手数料が高め
・物件数が限られている
・同じ物件でも、家賃が高い場合がある

 

韓国の不動産

家探しができる韓国のアプリを使ったり、韓国の不動産に直接行ってみて探せる

☑️メリット
・物件数が多い
・現地の人にしか紹介しないような物件がある

☑️デメリット
・留学生、短期ではかりれない物件もある
・写真と実物に差がありすぎることがある
・実在しない物件が掲載されてることもある

 

友人に聞きまくる

この方法が、私の一番おすすめです。情報を選別する責任は伴いますが、良い不動産にめぐりあえたら、短期でもワンルームを安く契約できる可能性が高いです。

☑️メリット
・信用が高い
・短期でも安くワンルームを契約できる
・情報がたくさん集められる

☑️デメリット
・関係が築けていないと、信用できない情報もある(詐欺に巻き込まれる可能性も)
・知り合いになるまでの一歩が必要

 

コネスト、SNS

個人が投稿した内容から、韓国で短期可能なワンルームを探す。

☑️メリット
・韓国語ができなくても契約可能なところも
・留学生向けの情報が多い
☑️デメリット
・信用できるか判別が難しい
・短期可能なワンルームの情報は少ない

 

 

短期の留学期間であっても、毎日生活するお家は大切です。この記事を参考に、自分が納得する韓国ワンルームに出会えると嬉しいです♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました