韓国旅行にビザ申請は必要ありません【ノービザで新しい韓国旅行へ】

ノービザアイキャッチ
こんにちは、おのまり(@onomari_kor)です。
悩む人

韓国旅行にビザ申請は必要?どのくらいまで大丈夫なのかな?

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 韓国旅行にビザ申請が必要ない理由
  • ノービザでできること
  • コロナの状況での変化

結論からいうと、観光目的で90日以内の韓国滞在であれば、ビザ申請は必要ありません。

この記事を書いている私も、ビザ申請なしで韓国へ短期留学や中期旅行をしていました。

その経験も含めて、詳しく説明していきます!

目次

韓国旅行にビザ申請は必要なし!

韓国を訪問する日本人は、90日間以内の滞在に限りノービザで入国ができます。
滞在期間:90日

滞在活動許容範囲:観光通過、商用、会議参加、親戚訪問など(但し就業または営利活動を目的に入国する場合にはビザが必要です)

韓国観光公社公式サイトより

韓国観光公社公式サイトの「日本人の観光・訪問」に書かれている通り、90日以内の滞在にはビザは必要ありません。

さらに、一度日本に帰国してからまた韓国に入国すれば、その日から再び90日間のカウントが始まります。

ノービザ=観光ビザは、特に手続きは必要なく、パスポートさえあれば大丈夫です。

日本だけでなく、他国に出国でも再カウントの対象になります。

申請が必要ないノービザは、韓国旅行以外にも使えます

  • 韓国旅行、地方観光
  • 短期留学
  • 中期旅行

ビザ申請が必要ないノービザでできることは上記の通り。

詳しく見ていきましょう!

韓国旅行

90日以内であれば、韓国旅行はもちろん、地方にも行くことができます。

数日はソウルでお買い物を楽しんで、後半は韓国国内線でチェジュ島へ!なんてこともできます。

  • 韓国内を思いっきり観光できる
  • 韓国のクレカや口座がないので、割引が受けられない

短期留学(長期もできます)

2週間や1学期間などの短期であれば、ノービザで韓国留学することが可能です。

おのまり

私も1学期間の韓国留学時は、ノービザ=観光ビザで、パスポートだけで入国しました

ただ、90日以内の滞在の場合、外国人登録書がないために口座が作れなかったり、家の契約が難しかったりと、一般研修やワーホリビザを取得している人に比べて難しいこともたくさんあります。

また、最近では長期留学の方であっても、ノービザで90日内に一度韓国を出国するようにして、半年や1年滞在される方も多いようです。

  • 短期であれば、面倒なビザ申請の手続きが必要ない
  • アルバイトなど現地で働くことはできない

ノービザ→D-4ビザ(一般研修ビザ)の切り替えが、韓国現地でできるようになったそうです。

日本でビザを取得して行かなくても、「もうちょっと勉強したい」と思ったら、ノービザが切れる90日以内であれば韓国でのビザ発行が可能です。

暮らすように旅する中期旅行

ノービザであれば、90日間たっぷり満喫することも可能。

マートに行って韓国にしかない食材を買ってみたり、市場ごはんを楽しんだり。

旅行での観光よりも、よりローカルな現地の雰囲気を楽しむことができます。

  • 〜約3ヶ月の滞在なら、ゆっくり現地の暮らしを楽しめる
  • パスポートで契約可能な家がほとんどない(ホテルやシェアハウス、Airbnbをうまく活用)

現在はノービザ停止中

現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により、ノービザでの韓国旅行は停止中です。(2021/05/19時点)

全世界の在外韓国公館において新規査証の発給審査を強化。
(査証申請日から 48時間以内に医療機関で検査を受けた診断書および隔離同意書提出の義務化など)

※中国危険地域からの外国人の入国制限措置(2020年2月4日)および日本査証免除(ノービザ)停止継続適用(2020年3月9日)

韓国観光公社公式サイトより

ビザ申請の必要がない観光ビザで、新しい韓国旅行のかたちを!

旅行の地図

今回は「韓国旅行にビザ申請は必要なのか」について紹介してきました!

ノービザ=観光ビザは使い方によって、韓国での韓国や学びの幅が広がります。

たまには現地の暮らしにより近い、ノービザで暮らすように旅する韓国も良いのではないでしょうか?

一刻も早く、全世界でコロナが収束に向かうことを祈るばかりです…。

ノービザでの観光が再開されたときには韓国へ元気に旅行できるよう、みなさんステイホームで健康に気をつけてお過ごしください!

ノービザアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる