なりたい自分は「透明なビー玉」

スポンサーリンク
ライフ

 

『透明なビー玉』

私がいつも心に置いているテーマ。

 

「こんな自分になりたい」

 

誰もが今の自分に、嫌なところと好きなところを併せ持っている。

 

嫌いなところで埋め尽くされて、溺れそうだった過去の私。

なりたい自分に近づこうとしても、嫌な自分が邪魔してきて、遠のいてしまう。

 

例えば、緊張したり、不安になったり、焦ったり。

心に余裕がない時は、周りが見れなくなって、理想の自分からどんどん離れていく。

 

グループワークをしている時、プレゼン準備のために役割分担する。

私は、割り振られた役割のために、必死に資料を集める。

横の友達は、スマホでテレビドラマ。

「なんで、自分だけ?」

 

アルバイトしている時、同じ時給で働くバイトの、主な仕事はレジ。

私はレジ作業の合間に、資材を補充したり、声出ししたり。

横のアルバイトは、お店にお客さんがいなくても、レジの前で仁王立ち。

「なんで、自分だけ??」

 

例えば、周りに友達がいて、家族がいて、先生がいて。

それらは、時々「~したい」という素直な自分の気持ちを阻害する。

そして、偽る自分でいることが、理想の自分を遠ざける。

 

「なんとなく就活するよりも、今立ち止まって自分としっかり向き合いたい」という自分の気持ち。

「やりたいことが明確じゃないなら、まずは就職して働き」という家族の言葉。

 

その言葉に、何度も自分の気持ちを消し去った。

 

「じゃあ、どんな自分になりたい?」

自分の質問に返す、自分の答え。それが「透明なビー玉」

 

自分に合う合わないで、人を分ける自分が嫌だったから。

他の人のコピーになりそうな自分をやめたかったから。

自分の気持ちを押し殺す自分が苦しかったから。

そして、幼い頃に美しさに魅了され、集め続けた大好きなものだから。

 

透明は、どんな色が混ざっても、その色を綺麗に映し出す。

透明という、ちゃんとした1つの色を持っている。

そしてビー玉は、とても繊細。

 

それは、どんな人に、どんな言葉に出会おうと、1度まるまる受け入れて。

どんな場所でも、狂わない自分のテンポを刻んで。

どんな瞬間も、自分の心の声が聴ける。

 

そんな人になりたいから。

 

透明なビー玉は、いつも嫌いな自分を沈めてくれる。

 

こんな人とは付き合えない。

「透明なビー玉」

透明はどんな色でも混ぜれるから、受け入れられない色はないか。とその人を受け入れてみたり。

 

自分は他の人より突出したスキルも、何もない。

「透明なビー玉」

透明は見えないようで、トウメイという色があるし、目に見えるものだけが全てじゃないか。と焦らず自分を彩っていったり。

 

不透明な自分で、就活に望みたくない。でも周りがみんな就活するし。

「透明なビー玉」

ビー玉はいつだって繊細なものだから、その心の声に耳を傾けてもいいのか。と休学を決断したり。

 

透明なビー玉が気づかない内に、

今の自分を、なりたい自分に近づけてくれいてた。

 

 

なりたい自分になる。そのための旅に終わりはない。

でも、きっとその旅を続けることが、生きるってことなんだと思う。

 

だから今日も、

透明なビー玉で、なりたい自分へ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました