「豊盛食堂」台湾家庭料理をリーズナブルに楽しめる食堂

スポンサーリンク
アジア

どこまでも『おいしい』を求めたい。
アジアニスト、おのまり(@asianfoodnist)です。

 

旅行の楽しみといえば、その場でしか味わえないものを食べること!

でも、ランチはともかく、夜ご飯となると、値段も上がってきてお店選び難しい…。

今回は、おいしくて・リーズナブル・おしゃれを叶える台湾の食堂「豊盛食堂」に行ってきました。ここは、台北で夜ご飯でもリーズナブルに台湾家庭料理を味わうことが出来ます。しかも、ローカルとモダンな雰囲気が入り交じる、まさに私好みの食堂でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台湾の家庭料理を味わえるメニューなしの食堂

「豊盛食堂」はMTR東門駅で下車し、歩いて2分ほど。
台北は旅行者でも、地下鉄とバスを簡単に乗りこなすことが出来るから楽チン!
お店は調べるとGooglemapにも載っているので、迷うことはありませんでした。そして道もたくさんの人が通っているので、女子旅でも安心出来そう。

私達が到着したのは20:30頃。お店はかなり賑わっていましたが、予約なしでもスムーズに案内してもらうことが出来ました。

入ってすぐ気づくのですが、このお店にはメニューがありません!レジの奥に食材が並んでいて、そこから好きなものを好きな調理でオーダーするんです。なんとも魅力的なのですが、私は中国語が本当に話せないので、事前にリサーチして、食べたいものを紙に書いて行きました(中国語が分からなくても、店員さんが本当に優しいので、ジェスチャーとか色々教えてくれます)。

後でも書くんですけど、かなりの品数とボリュームを注文しても、本当にお手頃価格だったので、思い切って注文しても大丈夫そうです!(ちょっとビビって品数少なめ)それか、オーダーを決めるときに予算を先に伝えて、その中で店員さんに選んでもらっても良いかもしれないですね。

おしゃれ空間な食堂

そうして注文を待っている間に店内観察。
圧倒的に地元の人が多くて、ほとんど私達以外に観光客らしき人っは見かけませんでした。だからこその、この雰囲気が好き!
みんなだいたいが4人以上で来られていて、テーブルで食事を囲みながら、お話しを楽しんでいました。

床は茶色のタイル。壁には華やかな花柄の壁紙が大きく飾られていたり。でも、それもギラギラしていなくて、どこかレトロ感が漂う。
照明も椅子もテーブルも、全てが合さって、明るいけど落ち着く空間が創られていました。おしゃれで可愛い!

そうこうしている内に、オーダーしたものがテーブルに並びました♡

 

日本人の口に合う台湾家庭料理

菜乾肉(160元)・煎板條(100元)・過猫菜(150元)

私が注文したのは菜乾肉(160元)・煎板條(100元)・過猫菜(150元)

まずは菜乾肉。これは豚の角煮みたいなもの。味付けは思っているより濃くなくて、クセもありません。ホロホロしているよりは、肉感を感じられる固さ。サイドにはカリフラワーが付いているんですが、干してあるので出汁がよく染み込んでいます。少々クセがあったので、友達はギブしてました笑

続いて、過猫菜。これは、ワラビのような山菜でした。
少しヌメリがありますが、クセは少なく薄味。野菜不足の旅行中にはぴったり!
私の好きなニンニクも。香りがとても良かったです。

最後は、煎板條。ライスペーパーを揚げているので、台湾式の春巻きのようなものかなーと思いながら食べてました。私は今回注文した中で一番好きな料理でした!揚げたあとに焼いているからか、香ばしさと食感がたまらない。これまた、ニンニクが大量。ポイント高し。

 

この夜は台湾の家庭料理を楽しみつつ、旅行を振り返りました。
やっぱり旅行は食!な私なので、このお店のチョイスは正解でした。
グルメな台北旅行には、欠かせないお店になりそう。

 

【豊盛食堂】
住所  :No. 1之3號, Lishui Street, Da’an District, Taipei City, 台湾 106
営業時間:11:30~14:00 / 17:00~21:00
定休日 :無休
電話番号:(+886) 223961133

タイトルとURLをコピーしました