「喜喜冰室」レトロ香港を味わえる可愛いカフェ

スポンサーリンク
台湾

どこまでも『おいしい』を求めたい。
アジアニスト、おのまり(@asianfoodnist)です。
香港。これまた食めぐりが止まらない場所。
その中で、今回はレトロ香港を存分に楽しむことが出来るカフェに行ってきました。

インスタ映え間違いなし&おいしい&かわいい!(かなり全部揃います)
そんなカフェ「喜喜冰室」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

銅鑼湾駅から徒歩10分

レトロ香港を味わえるカフェ「喜喜冰室」へは、MTRが便利です。
Google Mapsに出てくるまま歩ければ、銅鑼湾駅D3出口より徒歩約5分くらい
めっちゃ近い。

大通りから細い筋に入って行くんですが、これを間違えると大変ややこしくなります。
私はGoogle Mapが上手く起動してなくて、1本違う筋に入ってしまい、迷いました(・-・。)

密集したマンションに視線を奪われてると、


さらには入り口も間違え、ぐるぐる歩き回るはめに。笑

香港は各通りに英語のロード名が書いてあるんですけど、細い道なんかは地図に出てこないものもあります。だから、自分が行きたい場所がどの通りなのか、事前に把握していくことをオススメします!


こんな感じのウォールアート?が見えたら到着です。

 

ネオン色な外観が目印


おしゃれな看板がお出迎え。
そして、その奥には…


じゃーんっ!喜喜冰室!
めっちゃかわいい….。

ネオンのライトが、香港感を漂わす。
喫茶店のような、ファミレスのような、ゲームセンターのような。
なんとも言えない独特の雰囲気が醸し出されています。

そして、テラス席の上のパラソルが、またカラフルだったり。


到着して絶対すぐに目につくのが、


卓球台だったり。(奥の事務イスも気になるけど)
これ、ほんとに言ったら卓球出来るんかな?

なんだかカオスですが、とにかく全部写真撮りたくなる可愛さ!
さっそく中に入ります。

 

どこか懐かしいレトロな店内

朝9時でも、お店の中は地元の人が結構来てる。
みんなモーニングを食べに来てるみたい。

床はタイルで、お店の壁には昔のレコード?やハガキ。レトロな雰囲気がつまっています


席はテーブル席と、ソファー席があります。
ここは断然、ソファー席がおすすめ
真っ赤なソファーと透明の壁が、ファミレスみたいで、バスみたいで可愛いから!


厨房では料理を作ったり、運んだりと、朝から忙しそうでした。


ここが良い!と店員さんにお願いして、ソファー席に着席。
それからは、何食べようかな….で頭いっぱい。

 

ドリル式のメニュー!?


テーブルの上にはメニューの名前がぎっしり。
漢字だらけで分からない~と思っていると、英語付きのメニューが運ばれてきました。


か、かわいい//
分かりますか?これ、ドリル式にしたメニューなんです。
右下には、学年や名前を書くところまで。細部まで凝ってるな~。

もちろん中も、問題番号がふられてました。


この真ん中の写真を見た瞬間、朝ごはん決まった!と思ったんです。

香港では本当にどこでもあるくらい有名な菠蘿飽ポーロバウ
日本語ではパイナップルパンって書かれているけど、味はメロンパンです。笑
普通は中にそのまんまバターが入っているんですが、この喜喜冰室にはハムやチーズが入ってるものもありました。

でも、注文しようとしたら
朝ご飯の時間だから、モーニングメニューor限られたメニューしか注文出来ないとのこと><
11:30以降から、通常メニューになるそうです。残念。


こちらがモーニングメニュー。これもおいしそう!
迷いに迷った結果、その後お昼ごはんも食べる予定があったので、モーニングではなく控えめに。

定番のエッグタルトと、鴛鴦茶ユンヨンチャーを注文しました。
鴛鴦茶ユンヨンチャーとは、珈琲と紅茶を半々にしたもの。
香港では有名なお茶で、喫茶店と食堂に行けば、ほぼあります。

私はこれがお気に入りなんです。

注文を終えて、届くのを待ちます。

 

3時間のおやつみたいになった朝ご飯


わぁお。おいしそう!

ただ、気になるのは量。いくら控えめにとは言え、注文するもの間違えてる。
まあ、好きなものを好きな量食べても、誰も怒らないよね。香港旅行だから。  ←?

まずは鴛鴦茶ユンヨンチャーから。

目覚めの1杯が、この鴛鴦茶ユンヨンチャーから始まる朝。なんて幸せなんだー。
お店によって全然味が違うんですけど、ここ喜喜冰室のは少し渋めでした。
甘いものと一緒だと、これくらいが嬉しい。

このお茶ってクセある系じゃないと思うんですけど、友達は苦手そうでした。笑


そして、お次はエッグタルト
香港来てから何個目だろう。必ず食べてしまう。
ほどよい大きさと色にそそられるよね。

フィリングはやや固め。生地サクサク。おいしい~。(ただただ、水分は完全に奪われる)

注文したものは少なかったけど、甘いお菓子とお茶を真ん中に、友達とのお話しがすすみました。
帰りもあちこちで写真を撮り、お店を後にしました。

 

そのあとは、お昼ご飯を食べるため、散歩へ。(すみません、食べることばかり考えてて笑)

喜喜冰室の近くに、お散歩にぴったりの公園があったので行ってみたんです。

 

木もたくさんあって、散歩道もあったりと、とても良い場所でした。
快晴だから気持ちが良い☀


こちらの、ハーバーサイドの景色もなかなか良かったです。
朝からおいしいもの食べて、散歩して、良い1日の始まりでした。

 

レトロ香港を存分に楽しめる「喜喜冰室」
旅行中でも、少しゆったりした朝を迎えるにぴったりな場所でした。

ただし、朝はモーニングメニューしかないので、そこだけ注意が必要です!


朝から甘いエッグタルトなんか食べちゃったりして、ご機嫌のおのまりなのでした 💛

 

【喜喜氷室】
住所  : 香港 Causeway Bay, Paterson St, 57號, Haywood Mansion
営業時間:8:00~23:00
定休日 :不明
電話番号:+852 2868 0363

タイトルとURLをコピーしました