【チェジュ旅行】おのまりのグルメ旅スケジュール inチェジュ島

スポンサーリンク
韓国旅行

どこまでも『おいしい』を求めたい。
アジアニスト、おのまり(@asianfoodnist)です。

今回は、4泊5日でチェジュ島旅行のフードスケジュール!(※2019年夏に行ったものです)
初めてのチェジュ島は、想像しているより何倍もカフェが多かった!5日間の中で行きたいカフェを事前リサーチして、存分に回ってきました。おのまりがグルメ旅をする時、どんな風にお店を巡っているのかお伝え出来ればと思い、それをスケジュール風にまとめてみました。それではLet’s Go!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1日目
15:55 ⚑ GMP Airport


この日は韓国での授業、前半終了日。夏休みの始まりです!学校にはキャリーバックを持って行き、授業後クラスメイトと、そのまま空港へと向いました。
今回のフライトは、金浦空港15:55-済州空港17:10のアシアナ航空で!ソウルからはわずか80分の空旅。

空港には2時に到着してチェックインを終わらせ、金浦空港の手荷物検査に入る前にあるフードコートで昼食をとりました。金浦空港は中に入ってしまうと、がっつりご飯を食べることが出来る場所が少ないです(海外線よりは多いと思いますが)。なので、中で済ませることにしました。

フードコートでビビン麺を注文。割と辛い物も食べれる!と思っていた私。韓国で食べたビビン麺の中でもかなり辛い方でした…。でも、これがクセになる!
ご飯を済ませたら、手荷物検査を済ませ、ゴンチャを飲んで、出発です。

 

20:30 ⚑フッテジBBQ


済州空港に到着してからは、レンタカーを借りて、ホテルに移動して、色々しているうちに気づけば夜に。
そこで、済州島は黒豚が有名ということで、ホテル近くお店で夜ご飯を食べました。このフッテジ最高。もう知ってるサムギョプサルと全然違う。柔らかくて、脂もよくのっているのに、網で焼いているからかさっぱり。一食目から最高のスタート。

 

 

2日目
8:00 ⚑ホテル heyy,seogwipo

今回宿泊したホテルは、軽めのバイキング朝食付き。普段の旅行は、現地のごはんをめいいっぱい食べたいので、朝ご飯は付けないのですが、チェジュ島はのんびり休暇を過ごしたかったのです。バイキングは、ビビンバやパン、たまごなど豪華ではありませんが、朝軽く済ませて出発したい私達にとってはぴったりでした。

 

12:40 ⚑OSULLOC

この向いにinnisfreeのカフェに行くつもりだったのですが、リニューアル工事のため断念。すぐ向かいにあるOSULLOCカフェへ。ソウルにもあるのですが、ここはカフェ兼ミュージアムになっていて、お茶の試飲が出来たりします。ミュージアムを通り抜けてカフェに行くと、観光客で大賑わい。ここでは、ケーキもメニューがたくさんあるのですが。お茶とフローズン、ケーキがいくつかセットになったものもあったので、そちらをいただくことに。

 

14:00 ⚑ヤンガヒョンチェ

ここは私がチェジュ島でいちばん行きたかったお店。ハンバーガーショップ「ヤンガヒョンチェ」
もうバンズから中まで最高においしい。こってりしていなくて、ほんのりバターの甘さがあって…。

お店の中もレトロな雰囲気だけれども、どこか新しい。ここは再訪決定!

 

15:00 ⚑トーテムオアー

ハンバーガーの後はカフェへ。ここは入り口が壁みたいになっていて、看板も出ていないので、車で通り過ぎそうになりました💦
火照って体を冷やしてくれた、このスモモのお茶。酸味と甘みがなんとも言えないバランス。まさに夏にぴったりのドリンクでした。他にも、素敵なお皿にのったケーキやパンナコッタまでいただきました♡

そして、デザートやドリンクだけでなく、店内も素敵!騒音から少し離れて、静かにリラックス出来る場所。店員さんも親切な方で、学校や旅行のことなどたわいない会話を交わしました。

16:00 ⚑CAFE FRIENDS

続いて向ったのはカフェフレンズ。友達いわく、こちらのお店には韓国で有名なアイドル、EXOや東方神起、俳優のヤンセジョンなどが訪れたファン必訪の場所だとか。天井が高く、窓から差し込む光があって、明るい店内でした。
既にお腹いっぱいのはずなのに、前に座っていたお客さんが食べていたホットサンドがどうしても気になり、友達と半分こならとオーダー。チーズがめちゃめちゃ伸びる!ランチやブランチに最適。

お店の前や、周りはすべてみかん畑になっていました。初夏は緑いっぱいの畑が見られて、癒やされました。ここで、2日目のの食めぐりは終了。ホテルに帰り、シャワーを浴びて、沈むように寝ました。

3日目
9:00 ⚑ホテル heyy,seogwipo

3日目の朝もホテルのバイキング。こんな感じで、食材がテーブルに並べられています。簡素な感じではありますが、ナムルやキムチ、韓国のり、スープなどなど、韓国な朝を迎えられます。

12:00 ⚑EBONG

朝食を済ませて、車に乗って向ったのは海辺のカフェ。この後に行くカフェに行く前の腹ごなしということで、カフェの横にあるEBONGというお店でラーメンとまぜご飯を注文。日本風ラーメンとありましたが、お味はまあまあ。笑 やっぱり韓国で食べるはラーメンは、日本風のラーメンじゃなくて、韓国ラーメンがいちばん!

13:00 ⚑monsant de aewol

ランチを済ませてやって来たのが、BIGBANGのG-DRAGONが作ったカフェ、モンサン・ド・エウォル。友達に教えてもらった時は、アイドルがプロデュースしただけでしょ…と生意気なことを考えていたのですが、実際に行くと….最高….!目の前が本当に完全に青い海なんです(語彙力)。お天気も良かったので、店内からキラキラ光る青い海を見ながら、お茶を楽しみました。
ただ、お店の外壁が反射するガラス?鏡?みたいになっていて、中からは外が見えるけど、外からは中が見えない仕組みになってるんですね。だから、ふと顔をあげると、外でカップルが写真パシャリ。友達でめっちゃ格好つけて動画撮ってる…なんて光景も。笑

でも、この外壁。私はお昼に行ったのですが、ガラスに太陽や空が映って、とっても綺麗なんです。きっと夕方にいくと、夕日が映って、こりゃまた美しいんだとうなぁ…と。

 

15:30 ⚑新羅ホテル

カフェ後、夜ごはんまで時間があったので、何をしようかと話していると、済州の新羅ホテルが有名らしい、とのこと。さっき珈琲を飲んだばかりのお腹を抱えながら、新羅ホテルのラウンジへ向かうことに。やはり期待を上回ってくる新羅ホテル。綺麗はもちろん、紅茶1杯で2000円くらいします。笑
ただ、新羅ホテルの敷地内が広く、お茶した後にお散歩も出来ます。なかなか普段宿泊出来ない新羅ホテルを、隅々まで散策しました(笑)

19:00 ⚑アワビ

夜ごはんは、宿泊したホテルから近い所にある食堂へ。お店の名前を忘れてしまいました…。

チェジュはアワビも有名らしく。お店にもよりますが、相場的に日本よりもお安く食べることが出来ます!
にんにくバターが絡んで…たまらない!他にも白身魚を注文して、野菜でまいて食べたり。
チェジュの名産を満喫しました。

 

4日目
13:30 ⚑プクチュンエカミョン

最終日は運転してくれていた友達が、会議のために別行動することに。レンタカーなし、バスと徒歩で過ごしました。
チェジュ島のハムドク海水浴場から近いところにある、プクチュンヘカミョン。ここは10月半ば~11月初旬にピンク畑一面がピンク色に変わる、ミューリー畑があるお庭が有名!超フォトジェニックなんです。
ゴールデンミューリーという種類の植物で、秋近くになると色をピンクに変えるそう(ススキが細くなったみたいな感じ)。

あいにく、今回私が訪れたのは夏真っ盛りだったので、見ることは出来ませんでしたが、アジサイやハーブなど他にもたくさんの植物が咲いていました!

店内は1階が注文スペース、2階がカフェになっています。
この日はかなり暑かったので、アイスココアと柚子シトラスを注文。

窓からお庭を眺めることもできて、ついつい長居してしまいました。

14:40 ⚑gongbech

その後もカフェはしご。
小腹が空いたのでパンを食べに入ったのはゴンベック。BTSシュガのお兄さんが営まれているそう!
建物が何棟かに分かれているんですが、どれも現代アートの美術館みたい!とても新鮮なカフェです。
クルミの入ったパンは少し甘いけど、コーヒーの苦みと相性〇。のぼせた体をクールダウンします。


ここも全面ガラス張りで、オーシャンビュー。天気の良い日のチェジュは、ずっと海を見てのんびり過ごせますね。外も散歩できるようになっています。

20:00 ⚑チョンジッコル食堂

チェジュ旅行、最後の夜ごはん!
宿近くにトンベコギが有名なお店があるということで、行ってきました。
2~3人前のトンベコギはサムギョプサルが使われるそう。ジューシーで濃厚なトンベコギは、キムチやにんにくをサンチュで巻いて食べます。お店の人が丁寧に教えてくれました!ふたりでは多すぎるくらいで、最終日もお腹がはちきれそうになりながら、ホテルへ帰りました。

はじめてのチェジュ旅行。おいしいものだらけで、ソウルにはないものも沢山。
今回の旅のいちばんは、ハンバーガーかな~(全然アメリカンやないかい)。
チェジュ島、また再訪したいな~。

 

タイトルとURLをコピーしました